大麻もらうと約束、悩む女子大生に助言「親から電話」のフリして断れ…ゲーム風の動画

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 若者を中心に近年、増加が続く大麻の乱用に歯止めをかけようと、福岡県と県警が啓発動画3本を制作し、専用サイトで公開中だ。県警が摘発した少年の6割近くが知人らに勧められて手を染めていたことから、誘惑の「断り方」を指南。若年層に関心を持ってもらうため、ゲームの実写版のような仕上がりにしている。(横山潤)

ゲームの実写版のような動画の一場面(県薬務課提供)
ゲームの実写版のような動画の一場面(県薬務課提供)

 ある女子大生が悩んでいる。大学構内で不審な男に声をかけられ、怖くて大麻をもらう約束をしてしまったからだ。そこでゲームの主人公風な若い男性が対処法を助言する。「そんな時はとにかくその場から離れることだ」「親から電話がかかってきたふりをするといいぞ」――。動画「学校での誘い編」(約7分)の一場面だ。

 県と県警が動画を企画したのは昨年春。ゲームを実写化した動画などが人気の動画クリエイターグループ「駒沢アイソレーション」に制作を依頼した。撮影は福岡市の中洲、天神地区などで行われ、県立大(田川市)の学生ら約20人も出演するなどして協力した。

 県警が昨年、大麻を所持するなどしていたとして摘発した人数は、前年比71人増の399人(暫定値)と過去最も多かった。年代別でみると30歳未満の若年層が292人を数え、全体の73%を占めた。また、県警が2020年に摘発した未成年者62人を対象に調査したところ、大麻を使用した動機で最多だったのは「(友人らに)誘われたから」で36人(58%)にのぼった。

 県警は「周囲からの誘いに応じ、安易な気持ちで使用するケースが後を絶たない。こうした傾向が若年層の大麻汚染の背景になっている」と分析。江島剛樹・少年課次席は「薬物には常習性があり、いったん手を出すと人生を棒に振ることになる」と強調。「誘惑に負けず、勇気を持ってきっぱりと断ってほしい」と呼びかける。

 動画は残りの「大麻での逮捕編」「先輩からの誘い編」(ともに約4分)を含め、県薬物乱用防止啓発サイト( https://www.no-drugs-fukuoka.jp/ )で視聴できる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2696908 0 社会 2022/01/23 12:27:00 2022/01/23 16:12:15 2022/01/23 16:12:15 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)