雪山遭難者の捜索、難航していたが…雑種犬フクスケと飼い主が1時間でスピード解決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大津市の比良山系「 武奈ヶ岳ぶながたけ (1214メートル)」で雪山遭難者を発見したとして、市消防局と大津北署は20日、近くに住む上田哲郎さん(63)と雑種犬フクスケ(雄、2歳)に感謝状を贈った。捜索に参加後、1時間で見つけたスピード解決で、消防局は「協力のおかげで救助できた」とお手柄をたたえた。(林華代)

遭難者の救助に貢献し表彰された上田さん(中央)とフクスケ(大津市で)
遭難者の救助に貢献し表彰された上田さん(中央)とフクスケ(大津市で)

 遭難者は大阪府内の男性(69)。昨年12月23日、日帰りで登山に出かけたが夜になっても戻らず、午後7時頃、家族が警察に届け出た。携帯電話はつながらず、翌24日早朝から消防と警察が約30人態勢で捜索したが、昼を過ぎても見つからなかった。

 上田さんとフクスケは日頃から山を散歩し、登山道を外れた未整備の道にも詳しい。フクスケはイノシシやシカがいても、ひるまず追いかけるという。

 捜索が難航していることを知った上田さんは、ボランティアとして午後2時頃からフクスケと一緒に捜し始めた。迷い込みそうな場所を中心に呼びかけながら歩いていると、午後3時頃、呼応する笛の音が鳴った。音の方向に少し行くと、山の中腹で、滑落してうずくまる男性を発見した。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2694443 0 社会 2022/01/22 10:37:00 2022/01/22 12:06:12 2022/01/22 12:06:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50036-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)