「寒立馬」吹雪にもひるまず…防風林に囲まれた「アタカ」で過ごす

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 本州北端の下北半島にある青森県東通村で、厳しい寒さにじっと立って耐える様子から「 寒立馬かんだちめ 」と呼ばれる馬が冬の間も放牧され、たくましい姿を見せている。

吹雪に耐えながら草をはむ寒立馬(20日、青森県東通村で)
吹雪に耐えながら草をはむ寒立馬(20日、青森県東通村で)

 寒さに強く、農業が機械化される前は荷役用として下北半島で重宝されてきた。県の天然記念物に指定され、今も同村尻屋地区に25頭が放牧されている。

 例年12月頃から防風林に囲まれた「アタカ」と呼ばれる牧草地で過ごす。強い吹雪にひるむことなく、足で雪をかき分けて草をはむ様子を見ることができる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2692028 0 社会 2022/01/21 12:29:00 2022/01/21 12:40:12 2022/01/21 12:40:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)