有名パティシエの洋菓子店、2度の是正勧告後も違法な長時間労働…幹部ら書類送検

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 違法な長時間労働をさせたとして、2度の是正勧告を受けた人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市)の運営会社が、2度目の勧告後も違法な長時間労働を続けていたことがわかり、伊丹労働基準監督署は21日、法人としての同社と幹部2人を労働基準法違反容疑で書類送検した。関係者への取材でわかった。2度の勧告に従わなかったことから、労基署は悪質性が高いと判断した。

洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市で)
洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市で)

 関係者によると、幹部は製造部門と経営部門の2人。同社と幹部は2021年1月16日~2月15日の1か月間、従業員11人について、労使協定で合意した時間外労働の上限(月100時間)を超えて働かせるなどした疑い。

 労基署は18年1月15日と21年1月14日の2回、製造部門の従業員らに100時間超の時間外労働をさせていたとして同社に是正勧告していた。しかし、その後の労基署の調査で、同社が2度目の勧告後も、長時間労働を是正していなかったことが判明。繁忙期のバレンタイン商戦と重なったことで、労働時間の改善に対応できなかったとみられる。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2692229 0 社会 2022/01/21 13:21:00 2022/01/21 16:14:32 2022/01/21 16:14:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50111-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)