3回目接種後に2人死亡、因果関係「評価できない」…厚労省が公表

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 厚生労働省は21日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種後に2人が死亡したと公表した。米ファイザー製と米モデルナ製を接種した各1人で、3回目接種後の死亡例の公表は初めて。

「県民割」拡大、国交相「感染状況を見極めて判断」
厚生労働省
厚生労働省

 同日に開かれた厚労省の専門家検討部会で報告した。死亡した2人は、昨年12月16日にファイザー製の接種を受けた女性(57)と、同20日にモデルナ製を接種した男性(70)。男性については、過去の病歴や薬の服用はなく、同28日に自宅で死亡しているのを発見された。女性の詳細は不明。いずれも、接種との因果関係は情報不足などで「評価できない」とされた。1、2回目と比べ、死亡例の発生頻度に大きな差はないという。

 また、ファイザー製の3回目接種が計約53万回行われた1月2日までに、副反応が疑われる症状の報告は計157件あった。この割合もこれまでと大きな変化はなく、同部会は、現時点で接種の継続に「重大な懸念は認められない」とした。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2692967 0 社会 2022/01/21 18:45:00 2022/01/21 19:56:01 2022/01/21 19:56:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220121-OYT1I50146-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)