女性行員「守らなきゃと思って」…通話しながらATM操作の客らに声がけ、詐欺防ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 特殊詐欺被害を防いだとして、島根県警松江署は20日、北陽警備保障の52歳の男性、山陰合同銀行古志原支店の47歳の女性と54歳の女性、同銀行くにびき出張所の34歳の女性に感謝状を贈った。

島根県警察本部
島根県警察本部

 同署によると、女性らは昨年11月、松江市内で、携帯電話で通話しながらATM(現金自動預け払い機)を操作する60歳代女性らに声をかけるなどし、計4件の特殊詐欺被害を防いだ。

 同署で、荒薦章二署長から感謝状を受け取った47歳の女性は「守らなきゃと思って行動した。今後も積極的に声かけをしていきたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2696530 0 社会 2022/01/23 09:04:00 2022/01/23 10:29:32 2022/01/23 10:29:32 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50052-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)