大分市で水道管損傷相次ぎ、道路が冠水…宮崎・延岡では340世帯断水

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「ガーンと下から突き上げられた後、横に揺られた」。大分、宮崎県などを22日未明、最大震度5強の揺れが襲った。各地で転倒などによる負傷者が相次いだほか、水道管の損傷による冠水も発生した。未明の強い地震に驚いた住民らは避難に追われ、余震への不安を抱えながら夜明けを待った。

水道管が損傷し、水につかった大分市内の道路(22日午前5時25分)=中司雅信撮影
水道管が損傷し、水につかった大分市内の道路(22日午前5時25分)=中司雅信撮影

 震度5強を観測した大分市中心部では突然、3車線の道路のマンホールから水があふれ、一帯は深さ約10センチまで浸水した。車がマンホールのある車線を通らないよう警察官が交通整理にあたっていた。水は明け方までにはおおむね引いたが、近くのコンビニ店のアルバイト男性(32)は「ニュースで、店の近くで水があふれたと知って驚いた。朝に出勤してもまだ残っていた。次の揺れの可能性があるので冷静に対応したい」と話した。

 市によると、市内では22日午前10時現在、水道管損傷が計8件確認され、道路が冠水し、県道などは一時全面通行止めとなった。市内の県道では、中央分離帯にあった街灯が倒れ、片側2車線の1車線を塞いだ。

 同市勢家町の春日神社では石灯籠1基が崩れたほか、同市庄境の民家では木造の門が倒壊し、業者らが朝から門を解体し、撤去作業にあたっていた。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2694682 0 社会 2022/01/22 12:51:00 2022/01/22 16:49:12 2022/01/22 16:49:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)