発生の仕組みは異なるが、震源は南海トラフ想定域…大分・宮崎震度5強13人けが

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 22日午前1時8分頃、日向灘を震源とする地震があり、大分、宮崎両県で震度5強が観測された。読売新聞の集計では、5県で13人がけがを負った。気象庁は「1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意が必要」と警戒を呼びかけている。

強い揺れで倒壊した住宅の門。道路には瓦が散乱した(22日午前8時44分、大分市で)=中司雅信撮影
強い揺れで倒壊した住宅の門。道路には瓦が散乱した(22日午前8時44分、大分市で)=中司雅信撮影

 気象庁によると、震源の深さは45キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・6と推定される。南海トラフ地震の想定震源域だが、二つのプレート(岩板)の境界域で起きると想定されている同地震に対し、今回は海側のプレート内部で起きたとみられ、発生の仕組みが異なる。

 震度5強を観測したのは大分市と大分県佐伯市、竹田市、宮崎県延岡市、高千穂町。その後も余震が続き、佐伯市では22日午後1時21分頃、震度3の地震が観測された。

 けが人は大分県6人、宮崎県4人、熊本、佐賀、山口県が各1人。大分市では80歳代の男女3人が転倒するなどし、重傷を負った。

 地震の影響で大分県を中心に一時、約7万5600戸が停電した。同県佐伯市と宮崎県延岡市、高千穂町の計約1000世帯では断水が起きた。

 原子力規制庁などによると、愛媛県の四国電力伊方原子力発電所、佐賀県の九州電力玄海原発、鹿児島県の九電 川内せんだい 原発で異常は確認されていないという。

 各地の主な震度は次の通り。

 ▽震度5弱 大分県臼杵市、由布市、熊本県阿蘇市、宮崎県都農町、高知県宿毛市

 ▽震度4 福岡県久留米市、大分県日田市、熊本市、宮崎県日向市、山口県防府市、高知県黒潮町、松山市

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2695761 0 社会 2022/01/22 22:11:00 2022/01/22 23:19:02 2022/01/22 23:19:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220122-OYT1I50147-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)