オミクロン株、国内外で子どもの感染者急増…重症化は少ないが後遺症に注意

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」は、国内外で子どもの感染者の急増が報告されている。重症化は少ないとされるが、専門家は「軽視は禁物」と注意を促している。

気流で「飛まつ」遮断、アクリル板の代わりに…「1台10万円程度で実用化」目指す
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 米小児科学会の7~13日の集計によると、全米各州で14~20歳を上限とする若年感染者数は約98万人で、前週より69%増えた。

 英国では今月上旬に5歳以下の新規入院者が1日30人台になり、昨年末の約3倍に増えている。東京都の10代以下の新規感染者は23日は2296人で、今月1日の8人に比べ287倍となった。全世代の増加に比べても2倍のペースだ。

 東大などの調べによると、オミクロン株は感染力がデルタ株の3~5倍と強いとされる。米国では5~11歳のワクチン接種率は今月上旬時点で15%程度で、子どもに感染が広がる原因のひとつとの見方が出ている。日本では5~11歳のワクチン接種は3月から始まる予定で、まだ免疫がない子どもが多いとみられる。

 オミクロン株は、子どもも重症者が少ないようだ。デルタ株に比べて鼻やのどなどで増えやすく、肺で増えにくいことが、動物実験などで示されている。米大学などの報告によると、オミクロン株の感染から3日以内に集中治療室に入るなどした5歳以下の人数はデルタ株の約3割だった。

1

2

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2697559 0 社会 2022/01/23 20:05:00 2022/01/23 22:22:42 2022/01/23 22:22:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220123-OYT1I50060-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)