返礼品は強烈スパイクのレシーブ体験…提供当日に定員が埋まる人気

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府枚方市のふるさと納税の返礼品で、同市を本拠地とする国内トップレベルの男子バレーボールチーム「パナソニックパンサーズ」の選手が放つスパイクをレシーブできる体験の受け付けが、26日に始まる。2019年度から毎年、提供当日に定員が埋まる人気で、今年は20人分用意する。

昨年度のレシーブ体験の様子=枚方市提供
昨年度のレシーブ体験の様子=枚方市提供

 2万5000円以上の寄付で、返礼を受けられる。3月6日に同市内のパナソニックアリーナである試合後に、コートでの実施を予定。できる限り希望の選手にスパイクしてもらえるよう調整するという。同日の試合の観戦チケット(2人分)と、同市の返礼品人気1位のストレッチ用ポールもつく。

 昨年度は九州や関東からも申し込みがあった。参加者は「プロ選手とバレーができて夢のよう」「想像以上の衝撃」などと喜んでいたという。

 受け付けはふるさと納税の仲介サイト「さとふる」で、26日正午に開始。市広報プロモーション課は「めったにできない体験なので、バレーボール経験者でなくても申し込んでほしい」としている。問い合わせは同課(072・841・1258)へ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2698361 0 社会 2022/01/24 06:45:00 2022/01/24 06:45:00 2022/01/24 06:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220123-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)