オミクロンで自宅療養、同居者の注意点は…感染スピード極めて速い

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大で、厚生労働省の集計では、19日時点の全国の自宅療養者数は10万3579人で、1週間前の1万8708人から5倍以上に増えた。東京都は約1万5000人、大阪府は約1万3000人、沖縄県は約8800人に上る。

新型コロナ担当の黄川田・内閣府副大臣が感染…国会議員で60人目

 同省の助言機関によると、第5波で主流だった「デルタ株」の潜伏期間は約5日間で、1人の感染者から別の感染者にうつる二次感染が起きる期間は5日間前後。一方、現在の第6波で流行しているオミクロン株の潜伏期間は約3日間、二次感染が起きる期間は2日前後とされ、感染スピードが極めて速いとされる。

 オミクロン株の感染者は軽症や無症状の人も多く、自宅療養者は今後も増えるとみられる。

 各自治体は、自宅療養中の感染対策として▽感染者の世話をする人を限定する▽共用部分の消毒を徹底する▽不要不急の訪問者を受け入れない――などといった対策を求めている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2698152 0 社会 2022/01/24 05:00:00 2022/01/24 08:43:22 2022/01/24 08:43:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220124-OYT1I50009-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)