外環道トンネル工事再開、住民側に伝える…道路陥没で1年余り中断

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都調布市での道路陥没で1年余り中断している東京外郭環状道路のトンネル工事について、東日本高速道路などは23日、東京都練馬区で住民説明会を開き、同区内での工事を再開させる方針を正式に伝えた。

外環道工事の影響で陥没した東京・調布市の市道(2020年10月18日、読売ヘリから)
外環道工事の影響で陥没した東京・調布市の市道(2020年10月18日、読売ヘリから)

 工事は東名高速と関越道をつなぐ16・2キロ・メートルの区間の三つのエリアで行われていたが、2020年10月の道路陥没で全て中断した。東日本高速は同日、三つのエリアのうち大泉ジャンクション(練馬区)付近の工事を再開させる考えを住民側に伝え、再発防止策を説明して理解を求めた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2699373 0 社会 2022/01/24 12:45:00 2022/01/24 12:45:00 2022/01/24 12:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220124-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)