83歳・堀江謙一さん「どきどきしている」…スタート地点の米にヨット搬出

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3月からヨットで単独無寄港での太平洋横断に挑む海洋冒険家・堀江謙一さん(83)(兵庫県芦屋市)のヨット「サントリーマーメイド3号」が24日、新西宮ヨットハーバー(西宮市)からトレーラーで積み出された。今月下旬に出発地の米国に向け、海上輸送される。

ヨットの前で意気込む堀江謙一さん(兵庫県西宮市で)=長沖真未撮影
ヨットの前で意気込む堀江謙一さん(兵庫県西宮市で)=長沖真未撮影

 ハーバー内に陸揚げされていたヨット(長さ約5・8メートル)はフォークリフトでトレーラーの荷台に慎重に載せられ、神戸港へ運び出された。28日にも米国の西海岸に向け、コンテナ船で搬送される。

 コロナ禍に伴って米国での物流が混乱している影響で、ヨットの積み出しは約1か月早くなり、米サンフランシスコからの出発日も当初より5日遅い3月26日(現地時間)になるという。国内での準備の8割が終わったという堀江さんは「どきどきしている。コロナで出国手続きが煩雑になっているので、最後までしっかり進めたい」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2701750 0 社会 2022/01/25 09:03:00 2022/01/25 09:03:00 2022/01/25 09:03:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220124-OYT1I50100-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)