日本酒4~5合飲み「捕まらないだろう」と運転の教諭、コンビニ入り口に衝突

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 福島県教育委員会は24日、飲酒運転で事故を起こした伊達市立松陽中の男性教諭(58)を同日付で懲戒免職にしたと発表した。

 県教委によると、教諭は休暇中だった昨年8月12日、日本酒4~5合を飲んだ後に自宅から車で近くのコンビニ店に行き、同店入り口に衝突する事故を起こした。昨年12月7日、道路交通法違反(酒気帯び運転)で福島簡裁から罰金30万円の略式命令を受け、納付した。

福島県庁
福島県庁

 県教委の聞き取りに、教諭は「酒が抜けていない不安があったが、捕まらないだろうと思った」と説明した。

 このほか、女子児童7人の体を不必要に触った県南地区の男性教諭(45)を停職3か月とした。県教委が昨年実施したハラスメントに関する調査で、2人から訴えがあったパワハラを「0件」と報告した県北地区の中学校の女性教頭ら2人を戒告とした。

 今年度の懲戒処分は23件となり、10件だった昨年度から倍増している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2703400 0 社会 2022/01/25 19:04:00 2022/01/25 19:04:00 2022/01/25 19:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50109-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)