あまりの寒波、イワシも衰弱死か…海岸に大量打ち上げ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道稚内市の宗谷湾沿岸で大量の死んだイワシが打ち上げられているのが確認され、道立総合研究機構・稚内水産試験場が24日、原因の調査を始めた。同試験場によると、寒波の影響で海水温が下がったことで衰弱死したとみられるという。

大量のイワシが打ち上げられた海岸(24日、稚内市で)
大量のイワシが打ち上げられた海岸(24日、稚内市で)

 道宗谷総合振興局によると、ノシャップ岬から宗谷岬にかけて30キロ以上の海岸で、21日から大量のイワシが所々に漂着しているのが確認された。

 同試験場の調査では、イワシに酸欠状態や病気は確認されず、高畠信一調査研究部長は「今月中旬の寒波で南下する途中だった群れの一部が衰弱死し、風向きなどの関係で漂着したのではないか」と語った。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2701991 0 社会 2022/01/25 10:27:00 2022/01/25 10:27:00 2022/01/25 10:27:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)