「早く帰りたくて赤信号横断」事故の原因となる歩行者、加害者として摘発されるケース相次ぐ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「交通弱者」として保護されてきた歩行者が、交通事故の加害者として警察に摘発されるケースが相次いでいる。ルールを無視した歩行者の行為が引き起こす重大事故が多発しているからだ。警察は悪質な歩行者に警告書を交付する取り組みを始めるなど対策を強化している。(森安徹)

東京都の時短命令を違法と判断、損害賠償は認めず…「グローバルダイニング」の請求棄却

より重い罰則で

 「早く帰りたくて信号が赤のまま横断してしまった」

 歩行者として事故の刑事責任を問われ、昨年9月に重過失傷害容疑で書類送検された50歳代の看護師の男は高知県警に対し、こう話したという。

 事故は昨年7月15日夜に高知市内の国道で発生。男は買い物帰りに子どもを抱っこして赤信号の横断歩道を渡り、バイクと接触した。バイクは転倒し、運転していた30歳代の男性が左手の骨を折る重傷を負った。男にけがはなかった。

 県警は赤信号での横断や、けがの程度から過失が重大として摘発に踏み切った。被害弁済などを踏まえて不起訴(起訴猶予)になったが、捜査員は「歩行者も加害者になりうると警鐘を鳴らせた」と語る。

 近年摘発が相次いでおり、2018~19年に静岡、北九州両市で信号無視をした歩行者とバイクが衝突する事故が発生。静岡の事故では運転者は死亡、北九州では大けがを負い、歩行者は重過失致死や重過失傷害の容疑でそれぞれ書類送検された。その後、いずれも不起訴となっている。

 道路交通法では歩行者の信号無視や斜め横断などに対し、2万円以下の罰金か科料の罰則を規定している。これまで警察は主に同法に基づき摘発してきたが、相手を死傷させるなどしたケースについては、より罰則が重い重過失致死罪などを積極的に適用している。

死者の6割

 警察が追及姿勢を強めるのは歩行者の行為が事故の原因となる割合が増えているからだ。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2702358 0 社会 2022/01/25 13:04:00 2022/01/25 13:04:00 2022/01/25 13:04:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50058-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)