脱炭素へ「ご当地水素」、探る地産地消…強酸性温泉や糞尿から生成

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国内各地で脱炭素に向け、温泉水や家畜の 糞尿ふんにょう などのさまざまな原料を使った水素製造に取り組む動きが加速している。いずれも地域で製造した水素を、同じ地域でエネルギーとして消費する「地産地消」を目指している。

温泉水とアルミで水素を発生させる装置を指さす大庭・特任准教授(右)(昨年10月、秋田県仙北市で)
温泉水とアルミで水素を発生させる装置を指さす大庭・特任准教授(右)(昨年10月、秋田県仙北市で)

ドローンに車に

 東北大の研究チームは秋田県の田沢湖に流れ込む玉川の上流にある、玉川温泉由来の水から水素を取り出す試験を進めている。土屋範芳教授(環境地質学)と大庭雅寛・特任准教授(地球化学)らは廃アルミニウムと反応させて水素を発生させようとしている。

 チームは2021年10月、同県仙北市で温泉由来の強酸性水約3リットルとアルミくずを反応させる密閉型装置の性能を確かめた。市は取り出した水素を農業や災害用ドローンの燃料に使う方法を探る。

 北海道鹿追町では15年度、乳牛の糞尿から水素を製造し、地域で利用する環境省の実証事業が始まった。

 製造・貯蔵を担うのは、産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市)など企業4社が設立した「しかおい水素ファーム」だ。糞尿を原料とするメタンガスから1時間あたり水素70立方メートルを製造し、燃料電池で動く自動車やフォークリフトなどに供給した。30キロ以上離れた帯広市内に水素 充填じゅうてん 車で供給する試験も行った。

 プロジェクトに当初から関わる石井一英・北海道大教授(環境システム)は「行政や企業、消費者が協力し、より大口の需要を生み出せば、事業化に結びつく」と語る。

家庭ごみ

 化学メーカー・昭和電工の川崎事業所(川崎市)では、一般家庭や事業所から生じる使用済みプラスチックを使い、アンモニアを製造している。この工程で生じた水素を、約5キロ離れたホテルに地下パイプラインを通じて供給。ホテルは発電などに使う。

 政府は、脱炭素社会を担うエネルギーとして、水素を安価で大量に調達する仕組みを模索する。海外から運ぶ技術の試験を進める一方、国内で安定的に生産する体制の構築も目指す。

 河野龍興・東京大特任教授(水素エネルギー)は「各地で多様な原料から水素を作りだそうとする動きは、エネルギーの安定供給に向けた取り組みとして評価できる。地域で製造して消費する『地産地消』が実現すれば、効率的なエネルギーの利用に結びつく」と期待する。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2702618 0 社会 2022/01/25 15:00:00 2022/01/25 18:01:02 2022/01/25 18:01:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50067-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)