伊藤詩織さん「性被害」、2審も元TBS記者に賠償命令…伊藤さん著書の名誉棄損も認定

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(55)から性的被害を受けたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さん(32)が山口氏に約1100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、東京高裁であった。中山孝雄裁判長は1審・東京地裁判決に続き、伊藤さんが性的被害を受けたと認定し、山口氏に治療費を上乗せした計約332万円を支払うよう命じた。

東京高裁
東京高裁

 判決によると、伊藤さんは2015年4月、知人の山口氏と東京都内で飲食した後、山口氏が宿泊していたホテルで、山口氏から性的被害を受けた。高裁は、2人の関係が親密ではなく、伊藤さんが直後から医師や警察などに被害を訴えていたことを踏まえ、伊藤さんの訴えは信用できると判断。「合意の上だった」とする山口氏の主張を退けた。

 一方、山口氏が著者などで名誉を傷つけられたとして、伊藤さんに1億3000万円の損害賠償を求めた訴えに対し、中山孝雄裁判長は一部の記述で名誉毀損の成立を認め、伊藤さんに55万円の支払いを命じた。「(性暴力を目的に使う)デートレイプドラッグを盛られた」とする記述などは、真実とは認められないと判断した。山口氏は判決を不服として上告する意向を示した。

 判決後、伊藤さんは都内で記者会見し「判決をきっかけに、同意のない性行為が許されない社会に変わってほしい」と強調。一方、山口氏は「名誉毀損を認めたことは高く評価するが、全体としては大いに不満がある」と述べた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2702834 0 社会 2022/01/25 15:52:00 2022/01/25 22:02:52 2022/01/25 22:02:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220125-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)