育休中の教諭、女性宅に侵入し下着など盗む…集合住宅の空き室に保管

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 女性の下着などを盗んだとして高知県警高知東署は25日、県立高定時制教諭の男(30)(南国市)を窃盗と住居侵入容疑で逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

河岡容疑者が盗んだとみられるフルートなど(高知東署で)
河岡容疑者が盗んだとみられるフルートなど(高知東署で)

 発表によると、男は18日午前8時20分頃~午後6時40分頃、30歳代女性が住む高知市内の集合住宅の一室に侵入。女性用下着6点や通帳、印鑑など計15点(時価計約3万7000円)を盗んだ疑い。

 県教委によると、男は昨夏以降、育児休業中だった。

 同署の捜査員が24日、高知市内の別の集合住宅の一室に無断で侵入する男を発見。その後、室内から女性用下着や生理用品、フィギュア、フルートなどが入った箱や袋計14点を押収した。空き室で盗んだ品を保管していたとみられる。

 昨年4月以降、高知市内の集合住宅で同様の被害が数件確認されており、同署が関連を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2706562 0 社会 2022/01/26 20:49:00 2022/01/26 20:49:00 2022/01/26 20:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220126-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)