感染で入院待機中に区営駐輪場に3日間出勤…健康観察の電話に妻が出て発覚

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京都庁
東京都庁

 東京都北区は25日、区営駐輪場の職員が新型コロナウイルスに感染したことを知りながら、3日間出勤したと発表した。区は業務を委託する指定管理者の処分を検討している。

コロナ入院の世界的アーティスト、感謝の抽象画…病院長「医療従事者の励みになる」

 発表によると、職員は、赤羽駅西口北自転車駐車場に勤務する指定管理者所属の70歳代男性。21日に感染が判明し区から入院待機を求められたが、同日午後、22日午前、25日午後の3日間の計14時間半、利用者への現金、利用券の受け渡しや、自転車の整理・誘導などにあたったという。

 25日に区職員が健康観察のため男性宅に電話したところ、妻が電話に出て男性が出勤していることがわかった。花川与惣太区長は「事実ならば大変申し訳ない。再発防止に努めたい」と話した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2704563 0 社会 2022/01/26 08:05:00 2022/01/26 08:53:51 2022/01/26 08:53:51 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220126-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)