ゆがんだ正義感が暴走・後絶たない「加害者」デマ…SNS「特定班」名乗り犯人捜し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

「許せなかった」

 ある日突然、身に覚えのない問題や事件の「犯人」に仕立て上げられ、顔も見えない相手から攻撃される――。そんな被害は度々、繰り返されてきた。

 茨城県の常磐道で2019年8月、あおり運転をした男が逮捕された事件では、車に同乗していた女だとして、東京都内の女性を名指しするデマがSNSで拡散。きっかけは、この女性のインスタグラムの内容や写真が「似ている」というだけの根拠のない情報だった。

 今年1月には、テレビ番組に出演した料理人が「態度が悪い」とネットで批判が起き、似た名前の料理人の店が間違われた。グーグルの口コミ欄に「こんなシェフのいる店に行きたくない」などの投稿が相次ぎ、評価が下がったという。

 問題の背景にあるのは、「特定班」などと名乗り、ネット検索で手軽に得られる断片的な情報を手がかりに、犯人捜しのような行動に走る人が増えている実態だ。SNSで公開される個人の情報が爆発的に増え、グーグルの衛星写真や画像検索機能などが充実していることも、こうした行動がエスカレートする要因になっているとみられる。

 ネットの 誹謗ひぼう 中傷の問題に詳しい国際大グローバル・コミュニケーション・センターの山口真一准教授の調査では、個人や企業などに批判が殺到する「炎上」にかかわった人のうち、6割以上が理由を「許せなかった」などと回答した。

 山口准教授は「不適切な行為をした人らの情報を暴いたつもりになり、バッシングして『ゆがんだ正義感』を満足させる傾向がある。怒りの感情で何かを書いたり、拡散したりしそうになったら、一呼吸置いて『確かな根拠はあるか』と冷静になる必要がある」と話す。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2705574 0 社会 2022/01/26 14:13:00 2022/01/26 14:13:00 2022/01/26 14:13:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220126-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)