「お肌より 副反応で 若さ自慢」…サラリーマン川柳にもコロナ禍色濃く

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

第一生命が発表したサラリーマン川柳コンクールの優秀100作品
第一生命が発表したサラリーマン川柳コンクールの優秀100作品

 第一生命保険は27日、35回目となる恒例のサラリーマン川柳コンクールの優秀100作品を発表した。長引くコロナ禍で、ワクチン接種のほか、テレワークや在宅時間が増えた様子を表す作品が大半だった。

大阪府で新たに3030人がコロナ感染…1週間前から409人減

 ワクチン接種で若い世代ほど副反応がきつく、「お肌より 副反応で 若さ自慢」する人々もいたようだ。テレワークでは「リモートの 会議に映る 生活感」が気になることや「誤って 上司のコメント ハート押す」こともあったという。

 コロナ禍も2年がたち、緊急事態宣言で子供世帯の帰省もままならず、「自粛中 まだ見ぬ孫が もう歩く」祖父母も。仕事や学校で「最後まで 顔を会わさず 送別会」の人もいたかもしれない。東京五輪・パラリンピックや、野球の投打二刀流で活躍した大谷翔平選手も題材になった。

 優秀作は、応募総数約6万句の中から選んだ。同社ホームページで3月18日まで投票を募り、上位10作を発表する。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2707535 0 社会 2022/01/27 10:13:00 2022/01/27 11:21:42 2022/01/27 11:21:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50031-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)