水位低下が深刻だった琵琶湖、雪が降り続けて「一気にV字回復」…逆に平年値を大きく上回る

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨秋以降、好天続きで水位が低下していた琵琶湖で26日、約5か月ぶりに水位が基準値となる0センチとなった。昨年11月27日に最大でマイナス69センチまで下がっていたが、昨年末以降、滋賀県下にまとまって雪が降り、一気にV字回復した形だ。

滋賀県庁
滋賀県庁

 水位低下は昨年11月頃から深刻化し、漁船の航行に支障が出るなどしていた。マイナス65センチを下回ったことを受け、県は11月17日から約1か月間、「県水位低下連絡調整会議」を設置し、環境や漁業への影響を調べていた。

 県流域政策局によると、基準値と同程度になるのは、2センチだった昨年8月24日以来。現在の水位は、同日の平年値(マイナス23センチ)を大きく上回る水準になっている。同局の担当者は「水位が無事回復し、ひとまず湖魚の産卵や漁への影響を心配しなくてすむ。引き続き水位を注視する」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2711380 0 社会 2022/01/28 14:14:00 2022/01/28 14:14:00 2022/01/28 14:14:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)