東名「あおり」4人死傷、石橋被告が無罪主張…「事故になるような運転はしていない」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

横浜地方裁判所
横浜地方裁判所

 神奈川県大井町の東名高速道路で2017年、「あおり運転」の末に一家4人を死傷させたとして、自動車運転死傷行為処罰法違反(危険運転致死傷)などに問われた福岡県中間市、無職石橋和歩被告(30)に対する差し戻し審の裁判員裁判が27日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で始まった。石橋被告は罪状認否で「事故になるような危険な運転はしていない」と起訴事実を否認し、死傷事故について改めて無罪を主張した。判決は3月16日の予定。

 起訴状などでは、石橋被告は17年6月5日夜、大井町の東名高速下り線で、静岡市清水区の萩山友香さん(当時39歳)のワゴン車の前に割り込んで減速する「あおり運転」を繰り返し、ワゴン車を停車させて後続の大型トラックによる追突事故を誘発。友香さんと夫の嘉久さん(当時45歳)を死亡させ、娘2人に軽傷を負わせたとしている。

 裁判の争点は、被告のあおり運転に危険運転致死傷罪が適用できるかで、18年の1審・横浜地裁判決は、運転と事故の因果関係を認めて同罪の成立を認定。懲役18年(求刑・懲役23年)を言い渡した。

 19年の2審・東京高裁判決も「被告のあおり運転は重大な事故を引き起こす高度の危険性を内包していた」と指摘したが、1審の公判前整理手続きで、地裁が検察、弁護側に「同罪は成立しない」との見解を示した点を問題視。裁判員との評議後、この見解を変更したのに弁護側に伝えず、反証の機会を奪ったとも批判し、1審判決を破棄して審理を地裁に差し戻した。

 検察側は差し戻し審で、起訴事実の一部を変更した。1、2審で、被告が事故直前に車を止めた行為自体は「危険運転」に当たらないと判断されたため、直前停止行為に関する文言を削除。一連のあおり運転で、萩山さんが車を止めざるを得なくなったと主張した。

 一方、弁護側は、事故原因は追突した大型トラックの無謀運転だと反論した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2708162 0 社会 2022/01/27 12:24:00 2022/01/27 23:41:52 2022/01/27 23:41:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50073-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)