指定速度40キロの市道を98キロで運転、通勤途中の市職員を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 静岡県警袋井署は27日、掛川市下垂木、掛川市大須賀支所の職員の男(46)を道交法違反(速度超過)容疑で現行犯逮捕した。

静岡県警察本部
静岡県警察本部

 発表によると、男は27日午前8時20分頃、袋井市内の指定速度40キロの市道で、58キロ超える時速98キロで乗用車を運転した疑い。現場は片側1車線の直線道路で、近隣住民からの要望で警察官が取り締まりを行っていた。男は通勤途中だったという。

 掛川市の久保田崇市長は「公務への信頼を損ない心からおわびする。職員の綱紀粛正の徹底を図っていく」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2712396 0 社会 2022/01/28 18:47:00 2022/01/28 18:47:00 2022/01/28 18:47:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)