「職員全員刺すか、何するか分かりませんよ」上司脅した疑いで市職員を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 上司を脅したとして、宮城県登米市役所職員の男(34)が26日、県警佐沼署に脅迫容疑で逮捕された。

宮城県警察本部
宮城県警察本部

 発表によると、男は20日午後4時40分頃、市役所で上司の50歳代男性を「職員全員刺すか、何するか分かりませんよ」と脅迫した疑い。調べに対し、黙秘している。

 市によると、男は昨年10月末頃から体調不良を訴えて遅刻を繰り返すようになり、出勤してもすぐに帰宅する日が続いた。複数の上司から指導を受けて通院や休職を勧められても、男は応じなかったという。20日も勤務態度や欠勤による給与減額について話し合っていたが、「通常考えられない危険な発言」として市が同署に相談した。

 職員の逮捕を受け、熊谷盛広市長は「市民の安心と安全に向けて取り組むべき市職員が、このような事態を起こしたことは誠に遺憾。警察の捜査の推移を見守り、厳正に対処する」とコメントした。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2710313 0 社会 2022/01/28 07:09:00 2022/01/28 07:09:00 2022/01/28 07:09:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220127-OYT1I50147-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)