埼玉の民家で50~70代の男が発砲、人質取り立てこもる…腹部を撃たれるなど複数のけが人か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

警察官らが集まり騒然とする現場付近(27日午後11時42分、埼玉県ふじみ野市で)=木田諒一朗撮影
警察官らが集まり騒然とする現場付近(27日午後11時42分、埼玉県ふじみ野市で)=木田諒一朗撮影

 埼玉県警に入った連絡によると、27日午後9時頃、同県ふじみ野市大井武蔵野の民家で50~70歳代とみられる男が銃を発砲した。けが人が複数出ている模様で、男は28日午前0時現在、40歳代の男性を人質にとって民家に立てこもっている。

 捜査関係者などによると、けが人の中には腹部を銃で撃たれた人もいるという。

 現場は関越自動車道近くの住宅地で、県警は付近の学校施設に近隣住民を誘導した。避難した70歳代の女性は「『ガチャーン』という大きな音を2回聞いた。寝る直前に警察官が自宅に来て、『重大事件だから逃げて』と聞かされた。怖い」と声を震わせた。

複数のパトカーが止まり、騒然とする現場付近(27日午後11時30分、埼玉県ふじみ野市で)=木田諒一朗撮影
複数のパトカーが止まり、騒然とする現場付近(27日午後11時30分、埼玉県ふじみ野市で)=木田諒一朗撮影

 ふじみ野市役所では、午後11時過ぎから危機管理防災課の職員らが集まり、避難所設営などに追われた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2710115 0 社会 2022/01/28 00:26:00 2022/01/28 07:34:25 2022/01/28 07:34:25 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50004-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)