人質は40代男性医師、弔問で訪問し男とトラブルか…警官「重大事件だから逃げて」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大勢の警察官が集まり、物々しい雰囲気が漂う現場付近(27日午後11時35分、埼玉県ふじみ野市で)=石井貴寛撮影
大勢の警察官が集まり、物々しい雰囲気が漂う現場付近(27日午後11時35分、埼玉県ふじみ野市で)=石井貴寛撮影

 27日午後9時頃、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、この家に住むとみられる50~70歳代の男が猟銃のようなものを発砲し、40歳代の男性医師を人質にとって立てこもる事件が起きた。ほかに男性2人も負傷し、病院に搬送されている。

埼玉県警は現場周辺に規制線を張り、住民を避難させている。

 捜査関係者や地元消防などによると、人質の医師ら複数の医療関係者が27日、男の家族の弔問のために民家を訪問。その際、男とトラブルになったとみられるという。負傷者2人のうち、41歳男性は腹部を撃たれている。もう一人の32歳男性は顔面に催涙スプレーを受け、自力で東入間署に避難してきたという。

 現場は関越自動車道近くの住宅地で、県警は付近の学校施設に近隣住民を誘導した。避難した70歳代の女性は「『ガチャーン』という大きな音を2回聞いた。寝る直前に警察官が自宅に来て、『重大事件だから逃げて』と聞かされた。怖い」と声を震わせた。

 ふじみ野市役所では、午後11時過ぎから危機管理防災課の職員らが集まり、避難所設営などに追われた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2710192 0 社会 2022/01/28 03:12:00 2022/01/28 07:53:52 2022/01/28 07:53:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50017-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)