立てこもり現場周辺の住民、近くの学校施設に避難

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

複数のパトカーが止まり、騒然とする現場付近(27日午後11時30分、埼玉県ふじみ野市で)=木田諒一朗撮影
複数のパトカーが止まり、騒然とする現場付近(27日午後11時30分、埼玉県ふじみ野市で)=木田諒一朗撮影

 27日午後9時頃、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、この家に住むとみられる50~70歳代の男が猟銃のようなものを発砲し、40歳代の男性医師を人質にとって立てこもる事件が起きた。ほかに男性2人も負傷し、病院に搬送されている。

埼玉県警は現場周辺に規制線を張り、住民を避難させている。

 現場は関越自動車道近くの住宅地で、県警は付近の学校施設に近隣住民を誘導した。

 ふじみ野市役所では、午後11時過ぎから危機管理防災課の職員らが集まり、避難所設営などに追われた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2710197 0 社会 2022/01/28 03:43:00 2022/01/28 03:43:00 2022/01/28 03:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)