母親をつきっきりで介護、死去後に弔問の担当医師ら人質に…近所の女性「2・3年前に越してきた」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 27日午後9時頃、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野の民家で、住人の男が猟銃のようなものを発砲し、訪ねてきた医師鈴木純一さん(44)を人質にとって立てこもった。県警は28日午前8時頃、現場の民家に警察官を突入させ、殺人未遂容疑で緊急逮捕した。鈴木医師は胸の付近に銃で撃たれた痕があり、心肺停止状態で救急搬送され、その後、死亡が確認された。鈴木医師に同行していた男性2人も負傷した。

 捜査関係者などによると、逮捕されたのは渡辺宏容疑者(66)。

立てこもり現場で確保された渡辺容疑者(右下)(28日午前8時1分、埼玉県ふじみ野市で)=池谷美帆撮影
立てこもり現場で確保された渡辺容疑者(右下)(28日午前8時1分、埼玉県ふじみ野市で)=池谷美帆撮影

 鈴木医師ら3人は在宅診療を行う医療法人に所属しており、渡辺容疑者の母親の診察を担当していた。母親が亡くなり、3人は弔問していた。その際、トラブルになったとみられる。男性理学療法士(41)は胸部を撃たれて病院に搬送され、もう一人の男性(32)は顔面に催涙スプレーをかけられ、東入間署に避難した。

立てこもり事件があった民家(中央)を調べる警察官ら(28日午前9時2分、埼玉県ふじみ野市で、読売ヘリから)=富永健太郎撮影
立てこもり事件があった民家(中央)を調べる警察官ら(28日午前9時2分、埼玉県ふじみ野市で、読売ヘリから)=富永健太郎撮影

 渡辺容疑者が立てこもる間、県警は固定電話で人質を解放するよう説得を続けた。渡辺容疑者は明確な要求などをせず、「人質は大丈夫だ」などと話した。しかし、鈴木医師本人は電話に出なかったという。

 県警は、発生から11時間近く経過した28日午前8時頃、現場の民家に警察官を突入させ、渡辺容疑者の身柄を確保した。県警は同署に捜査本部を設置し、動機などの解明を急ぐ。

 近所に住む女性(76)によると、渡辺容疑者は2、3年前、この民家に越してきたという。母親をつきっきりで介護しており、仕事をしている様子はなかった。

 現場は関越自動車道近くの住宅地で、県警は付近の中学校を避難所とし、近隣住民を誘導した。最大で99世帯214人が避難した。

 近所の70歳代女性は27日午後9時過ぎ、車をたたくような音を2度聞き、直後に男性の叫び声を耳にしたという。音は銃の発砲音とみられ、「何が起きているのか分からず、不安だった」とおびえた表情をみせた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2710708 0 社会 2022/01/28 11:32:00 2022/01/28 16:12:07 2022/01/28 16:12:07 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)