「痛い、痛い」もがきながら路上でうずくまる男性…近くの女性「夜の避難とても怖かった」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 医療関係者が巻き込まれる凶悪事件が、大阪の心療内科放火事件に続きまた起きた。埼玉県ふじみ野市の民家で27日夜に発生した発砲、立てこもり事件。人質となった医師鈴木純一さん(44)が死亡するなど3人が死傷する凶行に、現場周辺には規制線が張られ、周辺の3小中学校は休校となった。近隣住民らは学校への避難を余儀なくされ、不安な一夜を過ごした。

立てこもり現場に突入し、渡辺容疑者(右端)を確保した警察官(28日午前8時1分、埼玉県ふじみ野市で)=池谷美帆撮影
立てこもり現場に突入し、渡辺容疑者(右端)を確保した警察官(28日午前8時1分、埼玉県ふじみ野市で)=池谷美帆撮影

 渡辺宏容疑者(66)が立てこもった自宅の民家周囲では、ヘルメットをかぶり、盾を手にした警察官ら数十人が待機した。半径300メートル余りの範囲に規制線が張られ、立ち入りが禁じられた。警察官らは突入のタイミングを慎重に計っていた。

 発生から約11時間たった28日午前8時頃、県警が突入を決行。現場に詰めていた県警の広報担当者が「確保した」と叫ぶと、集まっていた報道陣は騒然とした。渡辺容疑者は室内で身柄を取り押さえられたという。

 捜査車両の後部座席に乗せられて捜査員に囲まれたまま、午前8時15分頃に東入間署に到着。車内では視線を落とす渡辺容疑者の様子がうかがえた。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2711104 0 社会 2022/01/28 13:09:00 2022/01/29 10:00:23 2022/01/29 10:00:23 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50069-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)