【独自】「やったのは世界史Bだけ」出頭の女子大学生、不正発覚恐れて他科目は断念か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大学入学共通テストの受験生が試験中に問題用紙の画像を外部に送り、解答を得たとされる疑惑で、関与を認めた大阪府の受験生の女子大学生(19)が任意の調べに「(不正を)やったのは『世界史B』だけ」と話していることが捜査関係者への取材でわかった。警視庁が確認を進めている。

大学入試カンニングは「警察に被害届」、文科省が実施要項に明記へ…共通テスト流出受け
警視庁
警視庁

 捜査関係者によると、女子大学生は昨年12月、家庭教師紹介サイトに「高校2年の女子生徒」と登録。指導希望教科を「世界史」「国語全般」とし、サイトに登録している複数の大学生らに「1月15日に体験授業をお願いしたい」などと依頼したとみられる。

 このうち東京大の男子学生2人には共通テスト初日の今月15日午前、世界史Bの試験中にネット通話アプリ「スカイプ」を通じて問題用紙を写した画像が届いた。東大生らは共通テストの問題と気づかず、それぞれ10問以上の解答を時間内に返信した。

 世界史Bの終了後、東大生らには「つぎ現代文よろしくお願いします」「英語もお願いしたい」と連絡があった。だが、今年の共通テストと気づいた東大生らが「今受験されているんですか?」などと尋ねると、応答がなくなったという。警視庁は、女子大学生が不正の発覚を恐れ、連絡を断ったとみている。

 女子大学生は27日、「自分が1人でやった」と警察に出頭し、「上着の袖にスマートフォンを隠して問題用紙を動画撮影し、静止画にして送った」と説明した。警視庁は、不正行為によって大学入試センターの業務を妨害した偽計業務妨害容疑を視野に捜査している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2711571 0 社会 2022/01/28 15:00:00 2022/01/28 15:00:00 2022/01/28 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)