「高校生が警棒で殴られた」SNSで情報拡散…警察署周辺に若者集まり投石騒ぎ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 27日深夜から28日未明にかけて、沖縄県沖縄市の県警沖縄署の周辺に多数の若者らが集まり、その一部が庁舎や警察車両に石を投げる騒ぎがあった。ガラスが割れるなどし、県警は器物損壊容疑を視野に捜査している。27日未明に市内で起きた警察官と高校生との接触事故を巡り、SNS上では「(高校生が)警棒で殴られた」といった情報が拡散していた。

沖縄県警察本部
沖縄県警察本部

 県警によると、27日午後11時頃、若者らが石のほか、爆竹、卵などを投げ、同署の正面玄関のガラスや警察車両のフロントガラスが割れた。県警は機動隊を出動させ、やめるように警告し、若者らは28日午前4時頃にはいなくなったという。

 これに先立ち、27日午前1時15分頃には、沖縄市宮里1の路上で、同署地域課の警察官(29)が、制止しようとした原付きバイクの男子高校生(17)と接触する事故があった。高校生は走り去り、その後、消防に「単独事故で顔を負傷した」と通報した。高校生は右目に大けがを負っているという。

 同署は、接触事故と高校生のけがとの因果関係を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2712696 0 社会 2022/01/28 20:29:00 2022/01/29 08:01:11 2022/01/29 08:01:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220128-OYT1I50126-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)