「飲食店だけの対策は間違い」…全国知事会長「本当の感染現場は学校や保育所」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、全国知事会は28日、オンライン会議を開き、変異株「オミクロン株」特有の状況に合わせた対策を実施するよう34項目の政府への緊急提言をまとめた。提言では、無症状や軽症者が急増している状況を踏まえ、自宅療養の判断基準の提示やPCR検査試薬の安定供給などを要望。家庭内感染の拡大防止のため、学校の休業は、「知事が効果的な対応が選択できるようにする」とした。

「声出し応援」、サッカー・東アジアE-1選手権でもエリア設置し実施
平井知事
平井知事

 同会議に先立ち、全国知事会長を務める平井伸治・鳥取県知事は記者会見で、計34都道府県で適用されている「まん延防止等重点措置」について「飲食店だけの今の対策は間違い。本当の感染現場は学校や保育所だ。政府や専門家は十分認識していない」と批判した。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2713598 0 社会 2022/01/29 09:44:00 2022/01/29 10:07:22 2022/01/29 10:07:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220129-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)