15歳養女に59回にわたり性的暴行、男に懲役18年…裁判長「件数多く悪質」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 当時15歳の養女に対する監護者性交罪と児童買春・児童ポルノ禁止法違反に問われた男に対し、津地裁(柴田誠裁判長)は28日、懲役18年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。

津地方裁判所
津地方裁判所

 判決によると、男は2020年12月~2021年5月、59回にわたり、養女に性的暴行を加えた。

 柴田裁判長は「件数が多く常習性が顕著で悪質。養女はPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されており、厳しい非難を免れない」と指摘した。

 最高裁によると、懲役18年は監護者性交罪で言い渡された量刑としては最長タイ(昨年11月末現在)という。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2713989 0 社会 2022/01/29 13:48:00 2022/01/29 15:12:42 2022/01/29 15:12:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/01/20220129-OYT1I50068-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)