防衛省、「高出力マイクロ波」兵器を開発へ…軍用ドローンを無力化

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は来年度から、敵の軍用無人機(ドローン)を無力化できる「高出力マイクロ波」(HPM)兵器の研究開発に本格的に乗り出す。現代戦で戦局を左右する電磁波領域に対応した装備や技術を導入し、防衛力を高める狙いがある。

 マイクロ波は電子レンジで食品を加熱する時などに使われる電波だ。これを応用して強力なマイクロ波をビーム状に照射することで、ドローン内部の電子制御システムなどを故障させる。

 中国やロシアが開発に力を入れるドローンは小型化が進み、高性能化している。飛来の予測が難しく、低空飛行の場合はレーダーなどで捉えにくいため、発見が遅れがちだ。多数で襲撃する「飽和攻撃」も想定されることから、瞬時に同時対処する能力が必要になる。

1

2

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2734897 0 社会 2022/02/05 15:00:00 2022/02/05 15:00:00 2022/02/05 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220205-OYT1I50057-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)