出荷できない傷物バナナをSDGsな一品に…洋菓子店主、焼き菓子に活用

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 山形県新庄市金沢の洋菓子店「 Curioキュリオ 」が、傷や変色などを理由に市場に出荷できないバナナを有効活用した焼き菓子の販売を始めた。食品ロス削減にも貢献するスイーツとして人気を呼んでいる。(須永光)

「雪ばななケーキ」を考案した武田さん(新庄市金沢で)
「雪ばななケーキ」を考案した武田さん(新庄市金沢で)

 キュリオ店長の武田秀勝さん(47)は約3年前、温泉熱を利用したバナナ「雪ばなな」が、戸沢村のビニールハウスで試験栽培されていることを知った。試験栽培を担当するJAおいしいもがみ職員、片岡真紀子さん(42)と、互いに行きつけのコーヒー豆専門店で雑談した際、雪ばななの話が出たのだ。

温泉熱を利用して栽培する「雪ばなな」(JAおいしいもがみ提供)
温泉熱を利用して栽培する「雪ばなな」(JAおいしいもがみ提供)

 片岡さんによれば、試験栽培は2017年12月から始まり、年間約3000本のバナナを収穫するが、うち約1割は皮に傷があったり、黒ずんだりなど見た目の問題で出荷できない。加工用の販路を探ろうと冷凍庫で保管を続けるものの、安定した受け入れ先がないことが悩みだった。

 食品ロスに関心がある武田さんは「見た目で捨ててしまうことになればもったいない」と20年5月、アイスクリームと牛乳に雪ばななを混ぜたシェークを発売。手間がかからず作れ、好評も得たものの、冷たいシェークは冬に売れなかった。そのため通年で販売できる焼き菓子の商品化を目指した。

 試作を繰り返し、完成した「雪ばななケーキ」は、バナナをミキサーでピューレ状にして生地に練り込み、食感を出すため2センチ大の粗めに切った皮も混ぜる。生の材料を焼き菓子に使う場合、日持ちさせるため、砂糖に漬けて水分を減らすことが多いが、その工程は外した。「雪ばななのフルーティー感を残したい」との思いからだ。

 先月13日に発売したところ、2週間で100個以上が売れた。市内外のリピーターが多いといい、片岡さんは「廃棄の恐れがあるバナナが焼き菓子に生まれ変わり、四季を問わず食べてもらえるのはうれしい」と喜ぶ。

 食品ロスの問題などに詳しい山形大農学部の藤科智海准教授(47)は、「地域の温泉熱を活用したバナナ栽培は省エネルギーで環境への負荷が少ない。さらに地元の店と連携し、市場に出荷できないバナナを有効活用することはSDGsの視点からも優れている」と評価する。

 雪ばななケーキは、税込み302円。問い合わせはCurio(0233・29・8711)へ。

◆食品ロス =見た目や大きさが流通規格に合わなかったり、賞味期限が近づいたりなどの理由で、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品。農林水産省の推計では、2019年度は国内で約570万トンに上る。19年10月、「食品ロス削減推進法」が施行。食品ロス削減は、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の一つ。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2748044 0 社会 2022/02/09 23:26:00 2022/02/09 23:26:00 2022/02/09 23:26:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220206-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)