借金60万円を5万円しか返済せず、地裁手続きに出頭しなかった男を逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神奈川県警瀬谷署は9日、住所不定、無職の男(62)を民事執行法違反(陳述等拒絶)容疑で逮捕した。発表では昨年6月3日、東京地裁に申し立てられた財産開示手続きで、債務者として呼び出されたにもかかわらず、正当な理由なく出頭しなかった疑い。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 瀬谷署幹部によると、男が知人男性に借りた現金60万円のうち55万円を返済しなかったため、知人男性が昨年4月、男の経済状況を明らかにする「財産開示手続き」を東京地裁に申し立てた。地裁が指定した「開示期日」は男の体調不良でいったん延期され、その後、音信不通になっていた。

 知人男性の相談を受けて捜査していたところ、男が9日午前、瀬谷署に現れたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2751390 0 社会 2022/02/11 12:17:00 2022/02/11 12:17:00 2022/02/11 12:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220211-OYT1I50050-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)