東京など13都県、「まん延防止」延長スタート…新たに高知も対象に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京など13都県に適用されている「まん延防止等重点措置」の延長期間が14日始まった。3月6日まで。

天理へ思い託す横断幕…コロナとも戦い、県大会準Vに終わった生駒が贈る
東京都庁
東京都庁

 延長されたのは東京都のほか、群馬、埼玉、千葉、神奈川、新潟、岐阜、愛知、三重、香川、長崎、熊本、宮崎の12県。新たに12日から適用された高知県も含め、対象は計36都道府県となる。

 東京都は延長期間中、感染防止策を実施する「認証店」には酒類提供を認めた上で午後9時まで、非認証店には酒類の提供を停止した上で午後8時までの時短営業を要請する。応じた場合に支払われる協力金は非認証店の方が高く、認証店は非認証店と同じ条件を選ぶこともできる。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2757258 0 社会 2022/02/14 11:04:00 2022/02/14 12:38:01 2022/02/14 12:38:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220214-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)