若い頃から盗撮、校長「悪い欲求に勝てない自分がいた」…最近は靴にスマホ隠し撮影

 岡山市教育委員会は15日、女性のスカート内を繰り返し盗撮したとして、市立開成小学校の校長の男(60)を懲戒免職処分にした。

岡山市役所

 市教委などの発表によると、校長は1日午前7時5分頃、同市東区のコンビニ店内で買い物中の女性客の背後から近づき、スマートフォンのカメラでスカート内を盗撮したとして、同日、岡山県警岡山東署に県迷惑行為防止条例違反容疑で現行犯逮捕されていた。

 市教委の聞き取りに対して、校長は若い頃から盗撮行為を繰り返し、最近では靴の中にスマホを入れて撮影していたと説明。「悪い欲求に勝てない自分がいた」と話したという。

 市教委の規定では、盗撮事件は停職もしくは減給処分としているが、市教委は盗撮方法が極めて悪質で、校長の立場で責任度合いも高いとして懲戒免職にした。校長は3月で退職予定だったが、退職金は支給されない。

社会
ページTOP