井戸に男性白骨遺体、遺棄したのは妻…夫の障害年金を死後も受け取り「生活費に」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨年11月、徳島県藍住町の民家の井戸から男性の白骨遺体が見つかった事件で、死体遺棄と詐欺の両罪に問われた同町の農業の女(73)の初公判が24日、徳島地裁(増田慧裁判官)であった。女は「間違いありません」と起訴事実を認めた。

徳島地方裁判所
徳島地方裁判所

 起訴状などによると、女は遅くとも2018年11月頃までに夫が死亡しているのを知りながら、21年11月19日までの間、遺体を自宅敷地内の井戸に放置して遺棄したほか、19年4月~21年10月に16回にわたり、夫の年金計約250万円を日本年金機構からだまし取った、とされる。

 検察側は冒頭陳述で「(女は)介護が必要な夫の代わりに障害基礎年金を受け取っていたが、死後も年金機構に届け出ず、年金を生活費などに使った」と指摘した。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2790892 0 社会 2022/02/25 17:58:00 2022/02/25 18:22:12 2022/02/25 18:22:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/02/20220224-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)