外国人の新規入国、3か月ぶり再開…1日の入国者上限も5000人に拡大

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は1日、新型コロナウイルスの水際対策を緩和した。観光目的以外の外国人の新規入国を約3か月ぶりに認め、1日あたりの入国者数の上限も3500人から5000人に拡大した。

「県民割」拡大、国交相「感染状況を見極めて判断」
タイから入国し、隔離先のホテルに向かう技能実習生ら(1日、成田空港で)
タイから入国し、隔離先のホテルに向かう技能実習生ら(1日、成田空港で)

 変異株「オミクロン株」が流行していない国からの入国者で、ワクチンを3回接種済みであれば、自宅などでの待機を免除する。それ以外は原則7日間の待機を求めるが、検査で陰性が証明されれば、3日間に短縮する。外国人の新規入国には、受け入れ責任者が必要となる。

 成田空港ではこの日、国際線で約1600人が入国し、検疫検査場で体調や滞在国について聞き取り調査を受けた後、ワクチン接種証明書やPCR検査証明書を提出するなどした。

 対策は緩和されたが、タイから入国した技能実習生(23)は「日本で検査を受ける手配を事前に取るのは難しかった」として、東京都内のホテルで7日間待機するという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2800883 0 社会 2022/03/01 22:46:00 2022/03/01 22:46:00 2022/03/01 22:46:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220301-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)