ウクライナ人の人気ユーチューバー「サワヤン」が義勇兵に「志願」…日本の若者に届けたい本音とは

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

インタビューに答える「サワヤン」の2人。表情は固く、ユーチューブで見せる笑顔はなかった(3日、東京都内で)
インタビューに答える「サワヤン」の2人。表情は固く、ユーチューブで見せる笑顔はなかった(3日、東京都内で)

 ウクライナ出身で人気ユーチューバーとして日本で活動しているトカチョフ・サワさん(26)とヤンさん(20)兄弟が、ウクライナ政府が世界に向けて募集した義勇兵に「志願する」と動画の中で発表した。動画は24時間で120万回以上再生され、視聴者からの応援メッセージは今も止まらない。軍隊経験もない2人にとって、戦うとはどういう意味なのか? 異色のインフルエンサーが日本の若者たちに伝えたかったことは? 祖国や家族、ロシアに対する思いは? 2人に胸の内を聞いた。(デジタル編集部 古和康行)

小麦の売り渡し価格、10月以降据え置きに…家計の負担軽減へ15日に首相指示

戦わずに平和が一番だが……

 「戦わずして平和になるなら、それが一番。でも、戦わないといけなくなったと思ったんです」

 3日昼、2人は動画を投稿した理由をこう語った。実際にウクライナ大使館を訪れて志願兵として手を挙げたわけではない。2日に投稿した動画では、サワさんが「軍事経験がある人などが募集の対象なので、応募はできていない」と明かしたうえで、「母国を守りたい気持ちはある。この動画を通じて義勇兵に志願し、行けるのであればウクライナへ行く準備はできている」などと語った。動画を公開することで、母国で今まさに戦っている兵士と同じ気持ちを共有したことを日本の若者たちに知ってほしかったという。

 サワさんはウクライナの首都キエフでウクライナ人の両親の下に生まれた。一家は、サワさんが4歳の時に経営コンサルタントの父と一緒に日本に移住した。弟のヤンさんは日本生まれ、日本育ち。2人は日本の学校に通い、生活している在日ウクライナ人だ。父はウクライナと日本を行き来する生活を送っている。

 動画投稿を始めたのは2年前。ゲームを実況したりドッキリを仕掛けたりする3つのチャンネルを併用している。中でも、ゲーム実況の「サワヤン・ゲームズ」は登録者数が115万人を超えるなど、3チャンネルの合計は200万人以上になる。チャンネルのウリはその明るいキャラクターだ。サワさんのゲーム実況では、ついつい熱くなりすぎ、失敗すると台を叩いてしまう「台パン」が若者にウケ、人気を集めた。軽妙な兄弟のやりとりもあり、若者を中心に瞬く間に登録者が増えていった。

 だが、ロシアによるウクライナ侵攻が始まると、動画の雰囲気は大きく変わった。2月22日には「ウクライナの一部がロシアに支配されました」という動画を投稿。それ以来、戦争やウクライナの家族について語るようになった。サワさんは「同じウクライナ人が戦争に反対する声をあげているときに、ドッキリ企画をしても笑えるかと考えた。母国のために意味のある発信をしようと思った」と、その意図を語る。

記者に問うた「死ねと言えるか?」

 2人が「戦禍」に巻き込まれたのは突然だった。ウクライナ情勢が緊迫していた2月22日、日本を離れキエフにいた父からLINEを通じてたった一言だけのメッセージが届いた。

 「やっぱり、始まった」

1

2

ウクライナ侵略、最新ニュースと分析
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2806761 0 社会 2022/03/03 19:50:00 2022/03/03 23:37:13 2022/03/03 23:37:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220303-OYT1I50116-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)