【独自】22年前の殺人事件の容疑者、逃亡後に中国で代理処罰…猶予付き死刑判決

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

警視庁
警視庁

 東京都大田区で22年前に起きた殺人事件で、発生直後に国外逃亡した中国籍の李富春容疑者(48)が、日本政府から代理処罰の要請を受けた中国当局に拘束され、2008年に執行猶予付きの死刑判決を受けていたことが捜査関係者への取材でわかった。昨年12月に警視庁に判決文が届いた。警視庁は今後、李容疑者の現在の状況や公判での供述などについて確認を進める。

 事件は00年2月19日に発生。大田区東蒲田のアパート一室で、住人で中国出身の主婦宇野純子さん(当時21歳)が布団の中で首など十数か所を刺されて死亡した。宇野さんは妊娠中で、外出先から帰宅した夫が遺体を発見した。

 警視庁は同7月、宇野さんの伯父夫婦と、その息子夫婦の計4人を殺人容疑で逮捕した。宇野さんに恨みがあったとされ、このうち伯父ら3人が殺人罪に問われ、東京地裁で懲役8~12年の実刑判決を受けた。

 捜査関係者によると、李容疑者は伯父の息子の妻の妹に当たり、事件翌日に出国し、中国に帰っていた。警視庁は事件に関与したとして殺人容疑で李容疑者の逮捕状を取り、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配した。

 日本政府が中国に代理処罰を要請したのは06年4月頃。その後、現地で身柄を拘束されて死刑判決を受けたとの情報が入り、12年頃に判決文を送付するよう中国当局に求めたが、判決文は長い間届かず、判決の内容を確認できていなかったという。

 昨年12月に判決文を含む資料が届き、08年2月に現地の裁判所で執行猶予付き死刑判決を受けていたことが確認された。執行猶予付きだと一定期間を経て減刑される可能性があるという。公判では宇野さん殺害容疑を認めていたとされる。

 宇野さんは中国から来日後の1998年5月に日本国籍を取得。その後、日本人男性と結婚し、出産を2か月後に控えていた。

  ◆代理処罰 =国外に逃げた容疑者を、逃亡先の国の捜査機関が国外犯として逮捕し、現地の法律で処罰する仕組み。処罰を要請する国が容疑を裏付ける証拠資料などを提供する。犯罪人引き渡し条約などを締結していない2国間で、容疑者の逃げ得を許さない手段として用いられる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2807603 0 社会 2022/03/04 05:00:00 2022/03/04 05:00:00 2022/03/04 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220303-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)