パチンコ店で催涙スプレー噴射し12人にけが負わせた男、別件で服役中に自供の手紙

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 パチンコ店で催涙スプレーを噴射して男女12人にけがを負わせたとして、大阪府警西成署は3日、住居不定、無職の男(49)を傷害容疑で逮捕したと発表した。

大阪府警
大阪府警

 発表によると、男は2018年8月、大阪市西成区のパチンコ店で男性とけんかになり、カバンからスプレーを取り出して噴射。従業員や客に軽傷を負わせた疑い。

 同署によると、男は別の事件で刑務所に服役中。昨年6月、スプレーを噴射した事件の詳細を記した手紙を同署に送ってきたという。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2807764 0 社会 2022/03/04 06:52:00 2022/03/04 06:52:00 2022/03/04 06:52:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220304-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)