警察職員、署内で自殺図り死亡…上司との関係に悩む内容の文書見つかる

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県警和歌山北署の警察職員の男性(警部相当職)が署内で自殺を図り、その後死亡していたことが捜査関係者への取材でわかった。上司との関係に悩んでいることを示唆する文書が見つかっており、県警が関連を調べている。

和歌山県警察本部
和歌山県警察本部

 捜査関係者によると、職員は1日、署内で首をつっているのが見つかった。病院に搬送されたが、2日後に死亡が確認された。

 県警監察課は「県警職員が亡くなったのは事実。死に至った経緯を調べている」としている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2830343 0 社会 2022/03/12 09:25:00 2022/03/12 13:31:31 2022/03/12 13:31:31 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220312-OYT1I50033-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)