ウクライナ侵攻で動画・画像が拡散、虚偽も交じる…流用・改ざん・架空の3パターン

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ロシアによるウクライナ侵攻を巡り、現地で撮影されたという動画や画像が、日本でもSNSで拡散されている。生々しい状況が伝わってくる一方で、虚偽も交じっている。過酷な環境に置かれている人々に思いを寄せながらも、誤った内容を他人に広めてしまわないよう注意が必要だ。

ウイグル名乗り「私たちは幸せ」…弾圧否定する「証言動画」日本語でも拡散、情報工作か

日本でも

 <ウクライナ人の父親は娘に別れを告げました。彼はとどまって戦うことにしました>

 侵攻が始まった2月24日、ツイッターに日本語とともに動画が投稿された。

 映っていたのは、男性が幼い女の子の手を握り、涙を流す様子。動画の投稿後、「こんなことあってはならない」「胸が痛い」といったコメントが相次ぎ、3000回以上リツイート(転載)された。

 だが、動画のデータを分析ツールで調べると、実際の撮影日は侵攻前だった。親子は親ロシア派地域の住民とみられ、投稿内容は事実ではなかった。動画は英語圏などで「ウクライナの悲劇」として広がっており、日本の利用者らも信じた可能性がある。

 最初に誰が投稿したのかは不明。何らかの意図があったのか、勘違いだったのかはわかっていない。

 侵攻当日は、他にも「首都キエフを飛ぶロシアの戦闘機」「降下するパラシュート部隊」とする動画が英語などで広がり、日本語のツイッターで紹介する人もいた。だが、数年前にロシアで撮影された予行演習の様子など、無関係の動画が含まれていた。

口実作りに利用

 一方、ロシア側による情報工作とみられる動画も出回った。「偽旗作戦」と呼ばれ、侵攻の口実作りのために「親露派地域の住民がウクライナに迫害されている」「攻撃されている」という被害をでっち上げていると指摘される。

 親露派グループは、左脚を失った男性が倒れ込み、顔をゆがめて苦しんでいる動画を投稿。「ウクライナ側の砲撃で民間人が脚を切断した」と主張した。

1

2

3

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2830972 0 社会 2022/03/12 15:00:00 2022/03/12 19:36:12 2022/03/12 19:36:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220312-OYT1I50085-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)