就職氷河期から20年、中年男性は新人公務員に…2019年11月[あれから]<21>

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

木村さんの宝塚市職員証
木村さんの宝塚市職員証
木村さんが働く宝塚市役所
木村さんが働く宝塚市役所

 「試験結果 合格」。2019年11月、木村 直亮(なおあき) さん(47)のもとに、1通の封書が届いた。差出人は、兵庫県宝塚市人材育成課。

最後のトキを看取った飼育員、今も心に「なぜ」…2003年10月[あれから]<26>

 この年、同市は全国に先駆けて、〈就職氷河期世代〉限定の職員採用試験に踏み切っていた。1800人以上が応募したこの試験で、木村さんは合格者4人のうちの1人に選ばれた。

 大学を卒業してからの20年間、6か所の職場を渡り歩いてきた。そのほとんどが非正規雇用。食べるものに困っていたわけではない。でも、日々は重苦しく、毎年春が近づくと、「契約更新してもらえるだろうか」と不安だった。

 宝塚市の正規職員となって2年が過ぎた。「自分たちの世代に光が当たった」ことの重みをかみしめながら、木村さんは働いている。

非正規生活「聞く力」培う…「仕事があるのは当たり前じゃない」

就活100社失敗 大学卒業後 アルバイトに

宝塚市職員として働く木村さん。「回り道をしてきた自分の経験が困っている人の役に立つのならうれしい」と語る=中原正純撮影
宝塚市職員として働く木村さん。「回り道をしてきた自分の経験が困っている人の役に立つのならうれしい」と語る=中原正純撮影

 典型的な〈就職氷河期〉の道のりを、木村 直亮なおあき さん(47)は歩んできた。

 奈良県で育ち、県立の進学校を出て、1浪して同志社大学商学部に入った。ここまでは良かった。しかし、いざ就職しようとすると、どの企業も新卒の採用が極端に少ない。

 木村さんは、留年までして、大学3年生からの足かけ3年、銀行、保険会社、メーカーなど「大手」とされる会社を100社ほど受けた。しかし、不採用が続いた。

 ある会社では、面接を受けている最中、面接官は外からかかってきた電話でずっと話し込んでいた。採る気がないことは一目瞭然だった。

 同居の両親から「どうすんの」と何度も聞かれ、「言うてもしかたないやん」といら立ちながら答える日々。結局、どこにも決まらないまま、1999年に大学を卒業した。

 就職氷河期世代――。バブル崩壊後、企業が新卒採用を抑制した1993~2004年頃に社会に出た世代は、こう呼ばれる。

 学校を出ても、正社員として雇ってもらえない。木村さんの場合、最初に就いた仕事は、雑貨店のアルバイト。そこから、ショッピングセンターの管理会社、税理士事務所……。いずれも契約社員などの非正規雇用だった。

 途中、1度だけコンビニ会社の正社員になったことがある。だが、早朝から深夜まで店舗を巡回し、休日もトラブル対応で出勤。売り上げを維持するため、自腹でケーキやお歳暮商品をいくつも買った。次第に食事もとれないほどに 憔悴しょうすい し、3年で退職した。

 10年にわたって付き合った恋人もいた。が、「先の見えない生活に自信が持てなくて」。結婚に踏み切れず、別れを告げた。

 気づけば40歳代の半ば。

 「氷河期というのは、静かに自分の上にのしかかってくる重しのようなもの。ひたすら一人で耐え忍ばなければならない、薄暗い世界だった」

 そんな時、四つ下の妹がLINEで教えてくれた。兵庫県宝塚市が、なんと自分たち「氷河期世代」だけに的を絞って、正規職員の採用試験を実施するという。

 「自分たちの世代は、忘れられていなかった!」

 2019年の夏、木村さんは試験に応募した。

残り:3417文字/全文:5061文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2832065 0 社会 2022/03/13 05:00:00 2022/03/13 15:05:13 2022/03/13 15:05:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220312-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)