無許可で持っていると懲役または罰金です…クロスボウ、許可制スタート

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 クロスボウ(ボウガン)の所持を許可制にする改正銃刀法が15日に施行された。山形県警は、クロスボウや矢の無償回収を受け付けており、「早めに許可の申請をするか、適切な廃棄や譲渡をするように」と呼びかけている。

銃刀法で規制される見通しになったボウガン(警察庁提供)
銃刀法で規制される見通しになったボウガン(警察庁提供)

 改正銃刀法は、2020年6月に兵庫県宝塚市で男が家族ら4人をクロスボウで殺傷するなど凶悪な事件が続いたことから、クロスボウの所持を都道府県公安委員会の許可制とし、用途はスポーツや動物麻酔などに限定する、とした。

 不法に所持した場合は、3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。すでに所持している人も、施行日から半年以内に許可を取るか、廃棄しなければならない。

 不法投棄などによる悪用を防ごうと、県警は昨年6月から無償回収を行っており、2月15日時点で、20~70歳代の13人からクロスボウを20丁、矢を86本回収した。ただ、県内での流通量は不明で、どれだけ回収が進んでいるかは分からないのが実情だという。

 県警生活安全企画課の後藤豊管理官は「無許可で持っていると違反になる。廃棄する場合は最寄りの警察署に持ち込んでもらいたい」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2853280 0 社会 2022/03/21 10:49:00 2022/03/21 12:09:42 2022/03/21 12:09:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220316-OYT1I50163-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)