種子島沖でマグロ漁船炎上、漂流の1人死亡・4人不明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 21日午前7時25分頃、鹿児島県・種子島の南東約185キロの海上付近を航行中の船が、火災が起きている漁船を見つけ、米国の機関を通じて海上保安庁に通報した。第10管区海上保安本部によると、漁船には日本人を含む8人が乗っており、4人が救助されたが、その後、男性1人の死亡が確認された。残る4人は行方不明。海保の巡視船が捜索を続けている。

煙を上げる「第五十一勇仁丸」(第10管区海上保安本部提供)
煙を上げる「第五十一勇仁丸」(第10管区海上保安本部提供)

 10管の発表などによると、火災が発生したのは、高知県須崎市の会社が所有するマグロはえ縄漁船「第51勇仁丸」(19トン、全長約16メートル)。日本人2人、インドネシア人6人が乗っていた。

 現場近くにいたタンカーがインドネシア人3人を救助した。鹿児島市などの病院に搬送され、いずれも意識はある。海保の巡視船が漂流していた別の1人を見つけたが、夜になって死亡が確認された。

 救助されたインドネシア人の1人は、20日に和歌山県からインドネシアに向けて出港したと説明。21日朝にエンジンルームから爆発音が聞こえ、船室内に煙が入ってきたため、海に飛び込んだと話しているという。

 鹿児島地方気象台によると、現場周辺の海域には21日朝、海上強風警報が出されていた。

 事故を受け、運輸安全委員会は同日、3人を担当調査官に指名した。今後、救助された乗組員からの聞き取りなどを進める。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2853494 0 社会 2022/03/21 14:31:00 2022/03/21 22:28:03 2022/03/21 22:28:03 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/03/20220321-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)